准看護師になるためには

 

 

医療分野で早く仕事をしたい人は、

 

中学卒業後に目指せる准看護師が向いています。

 

しかしながら、現場での仕事をしていると、

 

正看護師の資格が欲しいと思うようになります。

 

補助としての役割しか担えない准看護師と、

 

看護師でも正看護師と呼ばれる人たちの仕事の方が専門的であり、

 

仕事を任されています。

 

こうした経験から、准看護師が看護師を目指すということは珍しくありません。

 

仕事以外でも給与や待遇も准看護師と看護師の違いは歴然としています。

 

同じ現場にいながら、資格の違いで仕事も待遇の違いを感じれば、

 

やはりもっと上を目指したいと思うものです。

 

では、どうしたら准看護師から看護師の資格が取れるのでしょうか。

 

実務経験が3年以上を持っていることが条件で、

 

看護専門学校などに2年間通う必要があります。

 

働きながら学校に通うということを応援してくれる病院などもあるので、

 

病院側に相談をしてみると良いでしょう。

 

場合によっては、看護師の資格取得を勧めている病院や開業医もあります。

 

こうしたサポートは、大いに活用しましょう。

 

 

スポンサード・リンク

 

 

准看護師になるためには2通りの方法があります。

 

中学校卒業後、高等学校衛生看護科に進学し、

 

昼間なら3年間定時制なら4年間勉強して、

 

准看護師試験を受けることができるようになり、

 

合格すると准看護師になれます。

 

高校卒業後、准看護師養成所に進学し、昼間なら2年勉強して、准看護師試験を受けて、

 

合格すると晴れて准看護師になることが出来ます。

 

准看護師試験は都道府県で行われていますので、

 

異なる都道府県の2箇所で受験する事をおすすめします。

 

どちらかひとつに合格できれば、准看護師になることができるので、

 

「すべり止め」で2箇所で試験を受ける意味があるのです。

 








 

 

 

准看護師になるためには…