認定看護師になる

認定看護師とは?

日本看護協会の認定看護師認定審査に合格して、
ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、
水準の高い看護実践の出来る看護師をいいます。

 

認定看護師の役割

 

看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献する。

実践 特定の看護分野において、個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。
指導 特定の看護分野において、看護実践を通して看護者に対し指導を行う。
相談 特定の看護分野において、看護者に対しコンサルテーションを行う。

 

スポンサード・リンク

 

認定看護分野について

 

 

教育と認定のシステム

 

認定に必要な資格

 

日本国の保健師・助産師・看護師のいずれかの免許を持っている

 

必要な経験

 

実務経験5年以上(そのうち3年以上は認定看護分野での経験が必要)

 

教育

 

認定看護師教育課程(6ヶ月・600時間以上)

 

認定審査

 

筆記試験があります

 

合格後、認定看護師認定証の交付・登録
(5年ごとに更新審査あり)

 

 

認定看護師になる記事一覧

認定看護分野

認定看護師教育機関と課程一覧認定看護師教育課程入学時の要件は以下の通りです。保健師、助産師及び看護師の資格取得後、実務研修が通算5年以上であること。教育期間 6ヶ月以上。連続した(集中した)昼間の教育であることが原則です。授業時間数 総時間は615時間以上 共通科目は105時間以上専門基礎科目と専門...

≫続きを読む