看護師をめざすには?

看護師を目指す

看護師の職に就くためには、国家試験を受けて資格(免許)を取得する必要があります。

 

看護師とは立派な国家資格であり、国から認められた方だけがなることができる特別な存在なのです。

 

その看護師の資格には2つあり

 

国家試験を受けて合格すれば得られる「看護師」資格

 

都道府県知事試験を受けて、合格すると得られる「准看護師」資格

 

があります。

 

これらのどちらかの資格を持っていれば、正式に看護師として働くことができます。

 

「保健師助産師看護師法」で定められた定義では、

 

「看護師とは、厚生大臣の免許を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者をいう。」

 

「准看護師とは、都道府県知事免許を受けて、医師・歯科医師、または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者をいう。」

 

と区別されています。

 

准看護師は、医師や看護師の指示のもとに仕事を行う必要があり、

 

一般の企業で例えるなら、看護師が上司で、その部下として准看護師がいるということになります。

 

この看護師資格を取るためには、3年以上看護学校で学ぶ必要があります。

 

主に看護師になるためには、高校卒業後、法律で定められた養成施設で3年以上勉強して、

 

国家試験受験資格を取得、国家試験に合格して看護師になるのが一般的です。

 

また、いまは一般的ではありませんが、准看護師から看護師に進むこともできます。

 

この場合、進学コースといわれる昼間なら2年間、

 

定時制なら3年間の勉強を経て、国家試験受験資格をえることができます。

 

一番早く、年齢的にも若くして看護師になる方法は、中学卒業後、高等学校衛生看護科に進学し、

 

准看護師免許を取得、そこから進学コース(昼間2年)に進む方法です。

 

高校卒業後、看護師を目指すと、最短で3年かかるところが2年でなることができます。

 

ということは、

 

年齢が20歳で看護師になることができるのです。

 

今は4年生の看護大学などがあり、看護も専門化してきています。

 

看護師も高学歴化しているのが現状のようです。

 

これは将来、看護師長になるためには看護大学卒が有利であるような傾向があるでしょう。

 

一方で、一度社会人を経験して看護師を目指す方も沢山います。

 

看護師になるのには、年齢制限はありません。

 

あなたが目指したいと思ったとき、いつでも看護師になることができるのです。

 

スポンサード・リンク