看護師になるには。

看護師という職業の魅力と問題点

 

 

そもそも「正看護師」とはどんな職業なのでしょう。

 

皆様は「正看護師」と聞くと何を思い浮かべ、

 

どんな仕事をイメージするでしょうか。

 

正看護師の仕事で一番魅力的なこと、

それは「人のために役立つ」ということです。

 

当然ですが、反社会的職業以外の仕事でも、

 

社会に役立っているのは間違いありません。

 

仕事として認められている以上、

 

世の中の役に立っていない仕事などありません。

 

ですが、正看護師という仕事は人の未来・将来に貢献する!、

 

人の役に立ついう意識を持てる、とてもやりがいのある仕事なのです。

 

なぜなら「患者」という、不自由な生活を強いられている人を相手にして仕事をしなければならないからです。

 

これが、正看護師の最大の魅力であり、精神面で正看護師を目指す方が多い理由でもあるのではないでしょうか。

 

この他にもこの職業には魅力的なところがたくさんあります。

 

人を助ける仕事なので、社会的に認められます。

 

また、医療のプロフェッショナルとして、医師と同等とは言えませんが、

 

信頼を寄せられる職業であることには変わりはありません。

 

正看護師という職業の魅力であるとも言えるでしょう。

 

また、高齢化が進む事でますます求められる職業であること。

 

働く就職先の多い仕事である事も魅力の1つです。

 

生命に関わる仕事というのは無くなることがありません。

 

なので、不況と言われる現在においても正看護師は引く手数多な職業なのです。

 

ですから当然給与も他の職業より高め。経済的にも魅力的な職業と言えます。

 

しかし、現在の正看護師の数は全く求人数に追い付いていません。

 

求人が多い仕事なのですが、正看護師のなり手が少なかったり、

 

科目によって人気が分かれ、産婦人科や小児科などは人材が不足している事が問題になっています。

 

公にはなっていませんが、職場での陰湿なイジメもあるようです。

 

又、過酷な労働時間を考えれば、過労死につながるケースも多く、

その点が今後改善されなければ、正看護師不足は解決しないでしょう。

 

スポンサード・リンク

 

そもそも正看護師と一言で言いますが、様々な職場、仕事があります。

 

病院や診療所はもちろん、医療施設や官公庁、企業で勤務されている正看護師の方もいらっしゃるのです。

 

市立・県立・国立という名称がつく病院であれば公務員として正看護師は勤務します。

 

この様に正看護師は、自分の年齢や生活環境などに合わせて、

 

自分に合った働き方を選ぶことが可能なのです。

 

医療は高齢化に合わせて多様化していきますから、

 

今後ますます正看護師が活躍する場が増えることになるでしょう。

 

特に介護施設や訪問看護などの高齢者を対象とした職場が注目されています。

 

正看護師の資格は一生有効ですから、個人個人の状況に合わせて働き続けることができます。

 

どんな状況でも求人が必ずあり、一生続けていくことができる。これも正看護師の大きな魅力だと思います。

 

それでは、働く場所に困らない、

 

給与も良いという魅力ある正看護師という職業につくにはどうすればいいのでしょうか?

 

まず正看護師になるには国家試験に合格しなければなりません。

 

 

正看護師資格は、立派な国家資格なのです。

 

国が認めた立派な職業なので、その地位がしっかり保証されているのも正看護師の魅力の1つではないでしょうか。

 

その試験に合格するためには、専門の教育を受ける必要があり、

 

そのための専門学校や大学などの教育機関が大きな病院や医学部に併設されています。

 

正看護師を目指す方は、まずこうした教育機関でしっかりと勉強をすることになります。